新事業用太陽光買取価格は14円/kWhに。その裏側は?


2019年3月5日

調達価格等算定委員会で来年度の事業用太陽光発電は14円/kWhと出ましたが、ここが自家消費や非FIT販売の分水嶺になる価格帯です。

当法人、専務理事の馬上が新電力各社に、非FITのソーラーシェアリングの電気や、野立ての発電所の電気の場合だといくらで買えるか聞いて周りました。

その価格は、いくらくらいだったのでしょうか?

 

ASPEnでは、発電事業者会員向けに、Facebookの会員専用グループで、情報を発信しています。

発電事業者会員の方はこちらをクリック

設備認定IDをお持ちの個人、法人全ての方が、発電所の外観写真と、標識看板写真のデータで、発電事業者会員の無料登録ができます。

詳しくはこちらをクリック

今後も、新しい重要情報が会員向けに更新されていくので、要チェックです!