美作市の事業用発電パネル税への反対意見書・提案書を送付


2019年6月24日

岡山県美作市で導入が検討されている「事業用発電パネル税」に対する反対意見書と太陽光発電事業の適正化に向けた提案書を、一般社団法人太陽光発電事業者連盟(ASPEn)として美作市長並びに市議会議長宛に6月24日付けで送付いたしました。

事業用発電パネル税反対意見書・提案書

事業用発電パネル税は、固定資産税・償却資産税・法人事業税等を賦課されている太陽光発電事業に対する二重課税となるだけでなく、昨今の世界的な再生可能エネルギー普及拡大の流れに逆行し、太陽光発電に対する投資を萎縮させることになります。

そのツケを払うのは現在世代ではなく、将来世代を担う子供達であり、私たちはより良い社会を未来へ繋ぐという責任を忘れてはなりません。

同時に、太陽光発電事業が社会から厳しい目を向けられているのも事実であり、美作市に対して太陽光発電事業の適正化に向けたアクションも提案していきます。